有償アドバイスサービス始めます

管理人の大橋です。

昔に本サービスでも有償PRを行ったり(依頼はなかった)、個人開発者やこれからという人を良い形で応援できないかということをやってきました。

どちらかというとこれらは、ハマっていなかったというのもありますし、そもそものニーズのずれもありそうです。ちなみに、アドバイスが欲しい方は沢山いるということはキャッチ出来ていますが(投稿依頼時に)、それが全て嘘というのも変なので、おそらく費用面の話になりそうです。

つまり、無償ならアドバイス欲しいが、有償なら要らないというのは、よくある話です、価値の話となります。僕からのアドバイスが役立つかはお試し頂いてということになりつつ、今できそうなことを含めて、アドバイスサービス始めると宣伝しておきます。

予告なく停止とすることもあるので、そこはご留意ください。

ビジネスアイデア出しや壁打ちは順調

当サービスはマネタイズ出来ているわけではないので、僕の仕事としてはあくまで運営はボランティアとなります。ただそれも持続性というところではなんともなので(実質メインブログの広告収益でドメインやレンタルサーバ代は賄えるので痛いとかはないのですが)、つまり継続となると仕事=対価を得る形が妥当と考えました。

お陰様で、ビジネスアイデア出し、実質壁打ち、企画作成、事業計画叩き台作成などかなり境界は緩やかですが色々なお客様とやり取り出来ています。そこはいいとして、ここでも当サービスでのノウハウは生きてきて、WebサービスやITに強くなる傾向があります。だからそれだけでも有り難いし、ボランティアで自己犠牲感があるわけではないんですね。

Webサービスの壁打ち、アドバイス経験

ある音楽サービスの壁打ちをしたのですが、そこで感じたのは、個人開発であれば孤独になりがちです。一人でやっても話す人や仲間など精神的な人がいればいいと思ったりしますが、それもないと結構辛いです。お客様というユーザもありますが、ユーザと開発者は友達になるのは結構また別でしょう。これも距離感の問題で色々あるでしょう。

そういう時に、客観的なマーケティング視点といいますか、とくに開発者が開発すると見えなくなる罠(不思議ですが、僕もそれをやってしまうのでよく分かるわけですが(笑))があります。これってトレーニングで試行錯誤で経験を積むのも当然ですけど、それもある程度限界があります。そこで僕を使ってみないか?ということになります。

先の音楽サービスの壁打ちではおかげさまで的確なアドバイスということで評価頂きました。そこで実績というか自信になったというのもあります。実際には、ビジネスアイデアなどふわっとしたものをアウトプットしまくってきたので、着地や粒度感は相当身についたと思います。

もう1つ、最近同様に個人開発というところで教育系サービスがありそのアドバイス、とくに考え方というところを軸にアドバイスするという仕事をしています。正直受ける前はどこまでできるか、期待値のずれもあるのでどうかなとおもたのですが、セッションとしてやり取りしてみて結構アドバイス出来る事実と、同時にこちらでは普通、当たり前と感じることも、開発者視点でいうと見えないことも多い(先程の罠と同様)と感じています。

僕の強みは開発者的な視点と、マーケター視点の両方というところで、それをアイデアとリサーチインプットでカバーするというところにありそうです。言語化できますし、相手の視点から適切な言葉を選べるからです。手前味噌ですがそれがお客様からの評価でそのまま返ってきています。有り難いことです。

有償アドバイスサービスについて

まずはリリースということで、本ブログ記事を見る方はおそらく、Web集めに投稿する方が多いはずです。それらの人で投稿する人は閲覧者の中でも限られるわけですが、実際に月10-15件ほど投稿頂いてもそれらの人に個別にアドバイスできるわけではないです。また有償となるとおそらく1件月にあればいいのでは?くらいで考えています。そこはまあいいとして、まずはやっていくと。

アドバイスは月ベースで考えていて、1ヶ月で4回ほど週1くらいでチャットかメールなどでやりとりをします。最初はZoom等でニュアンスなど、方向性のずれをなくす意味でのやりとりももちろんOKです。費用感は初回5,000円/月で、良ければ継続なら1万円/月という単価感です。おそらくこれは高くもないが、めちゃくちゃ安いわけでもない。最適な価格帯ではないかというところです。これ以上安いとこっちのモチベーションもわかないので、高いと思われた方は依頼がないので、そこはOKです。適性か、安いと思った方が依頼があるはずです。

ご興味ある方はお問い合わせからアドバイスの依頼をしたい旨を書いてお送りください。支払いはMENTAなど外部サービスを使う予定です。

アドバイス内容はわりとシンプルで、マーケティングに関することになります。マーケティングとは、その開発したサービスにお客さん、ユーザが来て使ってくれることであったり、サービスの改善、コンテンツ、運営などあらゆる視点です。トップを見てどう思うか?でもいいですし、ユーザの導線としてこれは使いづらい、または良いと思う点なども言えます。マネタイズを目指すかどうかもありますが、多くはマネタイズしづらいので、短期で成果を出したい人はきついと思います。とはいえ、そもそもマネタイズもですが、そんなユーザいるのか?だったり、ユーザの課題があるのか?だったり、結構そういう本質レベルになるようなイメージでいます。

例えばヒアリングはユーザにすべきとなるのですが、それも時間がなかったり、開発=機能追加が楽しいと後になりますし、そこに興味がないという人もいるのではないかと思います。分かるのですが、仮にヒアリングやマーケティング視点を手抜くと、作ってどうなるかの博打みたいになるので、精度を上げるならあえてツール系だけにするとか、何か戦略戦術を練らないと結構辛いですね。

ないとは思いますが、お金を払うので集客アクセスを集めてくれとかはないです(笑)これは筋の悪いマーケティング的なものであって、広告ならいいのですが、広告でもないですし、ステルスマーケティングという認識です。それはまあ辞めるべきでしょう。アイデアの保証をするわけでもないので、あくまでお客さんがアドバイスを理解したり、行動に活かす、違う視点やヒント、気づきとなるというところが価値になります。

長くなりましたが、気になればぜひぜひということで。

大橋の今までの失敗や成功歴など

最後に僕の失敗歴などをざっと書いて、成功という感覚はないので、失敗してもやっていこうというマインドセットは大事にしていることが伝われば何よりです。ちなみに、僕より全然やれる人も多いのは知っていますので、あまり他人との比較は意味がないと考えていて、僕があなたに出来ることがあれば喜んでやりたいというところでした。

失敗歴達

  • ロゴの販売サイト。EC-CUBEで作りました。過去の遺産ということで、既にないですが、当時ロゴを自分で色々作って勉強中でニーズを感じてやっていました。デザイナーさんに依頼して作るということを意識していたのですが、競合ロゴサイトから十分いけると思ったものの、実際に運営は1年はやったと思いますが依頼は1件のみでした。1件でもめちゃくちゃ嬉しかったですね。そういうサービスをリリース、使ってくれる人への感謝って開発者でないと分からない感じがしますね。ニーズがないと判断し終了。
  • アイデアシェア。アイデアのマッチングサイトです。中小企業等の課題を投げるとアイデアマンが解決するというイメージでした。ユーザは100名は口コミベースで集められたのですが稼働感がなかったのと、依頼案件が全部で6くらいで継続的な企業向け営業で案件獲得のイメージを作れなかったです。実質1年で、2年くらい伸ばしつつクローズしました。
  • コミュニティ運営の失敗。これはオンラインサロン、Slack、CAMPFIREなど色々やっているのですが集客のところでおそらく突っ切れるものがなく、途中で終わっています。オンラインサロンも数名しか参加者がなく、当然期待しているものと違うということだと思いますが去っていく人が多かったです。他は集客ができなかったり、コミュニケーションしても反応がなかったり。しばらくコミュニティ系はやらないというか、お客さん要望があってしびれを切らしてやるくらいの腰の重たさにしています。あえて重りをつけています。すぐやっちゃうので(笑)
  • キンドル本サービス。当サービスが結構いけるとおもったので、キンドル本に限定して集めたらどうかということでした。これはキンドルというプラットフォームに依存するのとそれを超えられない価値を出せなかったので、価値がないなと。なぜやったかは、個人出版での集客の苦労からです。これは今も解決できてないのですが、結局個人でやれることはゲリラ戦に近いのでそこをどうするかですよね。そういう意味で個人出版と個人開発はとても似ていると思っています。これも一応1年くらいはやって、いくつかはお客さんからコミュニケーション出来たので良かったなあとかは思いました。

これくらいが失敗です。ちなみに、企画アイデアというのはもうかなりあって、多くは失敗しています(笑)つまり失敗経験値は相当持っていると思っていて、最近考えていた司書さん向けサービスも作ってないのですがヒアリングフェーズでなんか違うなということで一旦収束させています。

成功というか運営続けているもの

成功というのは儲けたとかはないので、そうでなく運営が続けていて今もやっているというところでは、本サービスと、アイデアカフェくらいです。アイデアカフェはGlideで作ったので開発とは言いづらいものの、結局これくらいライトでゆるい場があると僕もいいので、僕が多分使っていくし、そこで面白い反応があったり、アイデアがあればいいんじゃないかと。アイデアを聞いてくれる場みたいなの作りたいんですけど、ってイメージでやっています。

つまり、熱狂的か持続性がある興味かでないとやれないんですよね。Webサービス集めは、僕が色々なWebサービスを知りたいし、面白いと感じるから4年運営できています。これ月1回何かやるのでもまあ興味ないと無理ですしね。アイデアカフェも気づけばもうすぐ1年なのでいい感じですね。アイデア数はKPIとしていなくて、誰か投稿あったら何かで励ましたいし、応援したいって感じですね。導線はないですがコメント可能なので、それくらいで勘弁してくださいってイメージです。

以上、僕で良ければ上手く使ってやってもらえれば何よりです。

編集者 大橋 弘宜